害獣の駆除|確実にねずみ駆除するなら専門業者に依頼しよう
メンズ

確実にねずみ駆除するなら専門業者に依頼しよう

害獣の駆除

作業員

家にある畑の作物が荒らされたり、天井裏や床下から物音がしたりするときは、ハクビシンやアライグマといった害獣の可能性があります。これらの害獣は繁殖力が強いので、完全に住み着く前に駆除する必要があるのです。これらの害獣は、一般の人が捕まえてはいけない決まりになっているので、害獣駆除を専門に行っている駆除業者に依頼すると良いでしょう。ハクビシンやアライグマは、体は小さいですが凶暴になることもあるので駆除には多少の危険が伴います。また、これらの動物の生態に詳しく無いと捕獲するのは難しく、たとえ追い出せたとしてもまた戻ってくる可能性があるのです。その点において、害獣駆除業者は生態に詳しいうえに、安全に捕獲する方法も熟知しているので、安心して任せることができます。

ハクビシンやアライグマといった外国の生物は、適応力と繁殖力があるので、日本でもその数を増やしてきました。しかし、あまりにも増え過ぎたので、日本の固有動物や人間への被害を考慮し、害獣駆除として捕獲されるようになったのです。これらの害獣は、外来生物に指定されて駆除されるようになりましたが、ハクビシンとアライグマでは害獣駆除の対象として大きな違いがあります。特定外来生物に指定されているアライグマは、ハクビシンよりも積極的に駆除されていて、飼育・運搬・保管が禁止されているのです。一方、ハクビシンの方は特定外来生物に含まれない外来生物なので、鳥獣保護法が適用されており、自治体の許可、もしくは狩猟免許を持っていないと駆除できないのです。